排水処理

排水処理の
下記トラブルで
お困りでは
ありませんか?

ポイント生物処理の管理

生物処理は、状態が良い時、悪い時を繰り返す仕組みとなっています。管理のポイントは、いかに悪い時のブレを小さくするかにかかっています。
その為にも、微生物が活性する環境を整えることが重要になります。

活性汚泥法とは?

活性汚泥は、自然の摂理をうまく利用した浄化方法ですが、原水の中には難分解物質である油脂やタンパク質等が含まれています。活性汚泥は現場に適合した微生物に育つと言われていますが、自然に発生する微生物には限界があります。
重要なことは、まずは、微生物が働く環境を整え、食物連鎖を大きく維持する事が重要となります。
しかし、どんなに環境を整えても、自然に発生する微生物には限界がある為、バイオ製剤の投入や前処理装置の設備投資が必要になる事も考えられます。

なぜ、処理が
安定しないのか?

原水の有機物濃度が非常に高い場合は、増殖したての細菌類は凝集能力がなく分散状態にある為、沈降性が悪くなります。
また、酸素不足やさまざまな原因で発生する糸状菌は、髪の毛の様に汚泥に絡まり沈降を阻害する糸状性バルキングは最も有名です。
微生物の働く環境が何らかの要因で阻害されると、普段では有用微生物より増殖速度が遅い為、優先種になれない厄介な生物達が、勢力を伸ばし、異常発泡や沈降悪化などのトラブルの原因となります。

なぜ、汚泥が
減らないのか?

食物連鎖の確立が重要になります。一般的に、食品工場の活性汚泥では、除去BOD量の30%が汚泥に転換(=余剰汚泥)し、70%が水と二酸化炭素に分解されます。

例えば、曝気槽内での活性が悪く、食物連鎖が小さい場合、35%も汚泥に転換し、65%しか水と二酸化炭素に分解されません。このプラス5%の汚泥への転換は非常に大きく、産廃費用が多額になります。

逆に、微生物の活性が良い場合、25%しか汚泥に転換せず、75%も水と二酸化炭素に分解いたします。汚泥の主体である細菌類をツリガネムシ等の原生動物が捕食し、それらをワムシ類やミミズ類等の、後生動物が捕食するという一連の捕食作用では、原生動物や後生動物の影響が大きいほど、余剰汚泥の量は減容され、産廃費用が削減されるのです。
汚泥減容でも、やはり食物連鎖を大きく保持する事がポイントとなります。

WT-モニタリング
サービス

当社では、⻑年の排⽔処理で培った経験をもとに、モニタリングサービスサービスを実施しております、排⽔処理の管理に不安のある場合は、お気軽にお問合せ下さい。

簡単作業で、リアルタイムに
管理数値を共有できる
画期的なサービス!

WT-モニタリングサービスの特徴

  1. トラブル時は、リアルタイムの共有データをもとに、適切なアドバイスを早急に行うことが可能です。
  2. 通常時は、蓄積データをもとに、週間・月間・年間での分析を行い、現場の状況を把握して、今後の管理 方法をご提案いたします。
  3. お送り頂いた汚泥の顕微鏡観察を行い、生物相の状況を確認し、定期報告書に反映させます。
  4. 定期的にご提出する報告書が、翌年には貴重なデータとなります。
STEP 1簡単入力

1日3分程度。
業務に支障はありません

STEP 2データ共有

数字をグラフ化する事で、
異変に気が付きやすくなります。

STEP 3定期報告

毎月の報告書は、
翌年の貴重なデータとなります。

※画像はイメージです。

トラブル時や、異常数値、悪化傾向にある場合は、電話にて連絡いたします。

簡単作業(1⽇約3分)

  • 現在、⽇常で管理している数値を、PC‧スマホに⼊⼒してください。
  • ⽉に1度、汚泥を着払いでお送りください。

現場担当者様の声

某食品工場様
日排水量:600㎥/日

これまで管理していたMLSS値が、高すぎたことに気が付きました。適切な管理をすることで汚泥の沈降性や透視度も改善して助かっています。毎月もらう報告書は、去年の同時期と比較する時に役立ててます。

某食品工場様
日排水量:450㎥/日

自社管理をしています。社内にも排水処理に詳しい人がいない為、相談できるのが嬉しいです。毎年、低水温期は処理が悪化するのが日常でしたが、今年は問題なく管理できました。
以前より、微生物の気持ちを考えて管理するようになったと思います。 

某薬品販売会社様

無料のサービスなので、化成品で取り引きのある食品工場様にお勧めしました。私は生物処理には詳しくないのですが・・・、お客様には好評で喜んで頂いております。今は、新規営業先にもお勧めしています。

幅広い原水に対応ができる『ウォータートリートシリーズ』

ウォータトリートシリーズの
商品情報はこちら

当社バイオ製剤
「ウォータートリートシリーズ」の特徴

  1. 厳密にテストされ、選び抜かれた8種類の複合細菌が相乗的に保持されており、幅広い原水基質に対応できる。
  2. 4種類の酵素(リパーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼ、セルラーゼ)が配合されており、通常の微生物分解より、迅速に一次分解を行います。
  3. 油脂分の多い排水で、優れた能力を発揮します。
  4. トラブル時に、汚泥の基礎体力を素早く上げる効果があります。
  5. 複合細菌類が、食物連鎖の底辺を強制的に広げる事で、食物連鎖を大きく保持する力があります。
  6. フロック形成時の前半に力を発揮するバチルス菌と、後半に力を発揮するシュードモナス菌が配合されており、汚泥沈降性を良好にいたします。
  7. 通性嫌気性菌で幅広い環境で活躍いたします。

ウォータートリートに投入による
改善メカニズム

ポイント1流量調整槽

  • 流量調整槽でのエサ作りが重要になります。
  • ウォータートリートは、酵素と細菌類の力で迅速に一次分解をします。
  • 油脂分やタンパク質等の難分解物質を低分子化、軽減することで、生物槽の微生物が分解しやすい状態 となります。
  • 一般的に、BOD:3割減、ノルマルヘキサン値:5割減となります。

ポイント2曝気槽

  • 微生物をできるだけ多く保持することが重要になります。
  • ウォータートリートは、選定された数十憶/gの細菌類が相乗的に保持されており、難分解物質の分解に優 れています。
  • 細菌類の増強により、食物連鎖の底辺の幅が広がり、多種多様の微生物で食物連鎖を大きく保持する事 により、負荷変動に耐えられるようになります。
  • 食物連鎖が大きくなる事で、余剰汚泥の量は減容されます。

【食物連鎖の確立】

ポイント3沈殿槽への影響

  • 曝気槽で活性汚泥の代謝が上る事で、生物由来粘質(バイオポリマー)が分泌され沈降性が改善いたします。
  • ウォータトリートは、フロック形成における重要な時期(対数増殖)の中ごろに凝集効果を発揮する“バチルス菌”と、後半に凝集性を発揮するシュードモナス菌が配合されており、効率よく沈降性の改善へ導きます。

【細菌類の増殖曲線とフロック形成状態】

ウォータートリートの
事例はこちら

これまでは、定期訪問や、トラブル時に現場にかけつけておりましたが、ピンポイントなデータでは、原因追及に時間がかかる事もあるのが現状でした。
そんな問題を解決する為に開始した「WT-モニタリングサービス」。お陰様で反響も良く、日々の数字を共有することで、これまで以上に現場担当者様との関係も構築されております。
もし、現在の出入り業者に不満がある、自社管理をしていて不安があるなどの問題がありましたらご連絡おねがいします。

ウォータトリートシリーズの
商品情報はこちら

【25年現場で培った経験をもとに、排水処理で抱える問題を解決します】
【無料で汚泥診断いたします】
(遠隔監視システムで、適切なアドバイスを差し上げます)

御社名(必須)
ご担当者名(必須)
ご担当者名フリガナ(必須)
郵便番号(必須)

半角数字で入力してください。ハイフンは不要です。
郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。

都道府県(必須)
ご住所(必須)
お電話番号

半角数字で入力してください。ハイフンは不要です。

メールアドレス(必須)
お問い合わせ内容(必須)
本ウェブサイトをどのようにしてお知りになりましたか?

その他について具体的にご記入ください。